0986-25-1515 お問い合わせ

[コラム]

土持歯科クリニックの院長、スタッフのつぶやきコーナーです。

矯正の1期治療とはどんな事を指すのでしょうか?何をするのでしょうか?1

抜かない矯正の話がHP上でにぎわっています。

当院にも「今,狭い歯並びを広げたら将来の矯正料が安くなるかも」

と言われた患者さんがお子さんを連れて来られました。

レントゲン、模型をとってその時点での矯正的な計測をする。

まだ6歳、将来たとえ歯並びに不備が出ても、タイミングさえ逃さなければ、100%歯を抜かずに上手く行きケースです。

今やる事は、まずは噛み合わせの調整(歯列が右にずれています)ずれてる事を加速させる、生活習慣の改善。

3ヶ月後に来られた時には、かなり改善しています。

叢生と言って窮屈な歯並びは,これからの生活習慣で見守っていきます。

将来矯正に取りかかるとしても、3年生位、2年後かなと見守っています。

早く始めるのが、1期治療ではありません。矯正装置を長々といれておくのも如何なものか?

色んなケースがあります。子供さんの場合、抜歯は絶対に避けたい処置です。

今のところ,上手くいっています。