0986-25-1515 お問い合わせ

[スタッフ求人情報]

スタッフ求人情報

まずは当院の現在の治療の方針を書きます。

当院は、歯周病、噛み合わせの管理、矯正治療を行っています。

*歯周病は、
悪玉歯周病菌がいるのか?将来増える可能性があるのか? 簡単な管理で大丈夫なのか?3パターンで、管理を行うようにしています。

悪玉菌の存在を調べる装置も購入予定です。

主役となるのは、患者さんです。患者さんがブラッシング指導を受けてみようかな?と思われるようなアプローチを心がけています。地味ですが、長い目で見たら効果が持続するのはブラッシングの向上だと思っています。

*噛み合わせの管理

顎関節症は、スタビライゼーションスプリントで8割の患者さんは上手く行っています。
調整は丁寧さが入りますが、やり方は確立しています。体調が良くなられる患者さんも多く経験します。

噛み合わせが不便になった部分入れ歯が必要な患者さんは、以前のものより噛みやすく、修理が将来必要になっても対応できるように仕上げています。作るのに、少し時間がかかりますが。ずっと使ってもらえる入れ歯にしたいと思っています。

*矯正治療

大人のケースでは、患者さんもスタッフも理解できるような方法で行っています。パソコン上でシュミレーションを行って、治療計画を立てています。患者さんが矯正内容を理解してくれれば協力的になってくれます。

子供さんの矯正治療は、従来のワイヤーを使わずにしあげます。なるだけ抜歯矯正にならないように行っています。終了は小学6年生を目指しています。

 

 

 

従来の矯正装置がありません。歯科衛生士さんの「呼吸」「舌の位置」「嚥下」などの指導とマウスピースの組み合わせで、成り立っています。

ワイヤーを使わないので、後戻りの心配がありません。

矯正治療はハードルが高いと思われる歯科衛生士さんもおられると思います。やり方はきちんと確立されています。

何より、子供達には一番の矯正方法と確信しています。