0986-25-1515 お問い合わせ

[Q&A]

心と体のQandA。診察の中でお受けする様々な疑問・お悩みにズバリお答えしていきます。

乳歯の時の反対咬合(受け口)の対処の仕方は?

おとなの歯が生えた時にラッキーでよくなるケースもあります。だから治療の説明をするかどうかで、これが一番のネックかな?
ラッキーが訪れるかどうかは、診断のしようがないのです。判断材料としては
1遺伝の要素が少ない 2受け口の咬み込みが少ない 3左右にずれてない 
かな?
乳歯の時の矯正装置は数が限られます。
「ムー」という装置があります。
夜間だけの使用ですが、成長を促す装置なので、期間はかかります。おとなの歯で正常になっても後戻りの心配もあります。
でも・・・
受け口のままで成長するのは実は嫌い。