0986-25-1515 お問い合わせ

[コラム]

土持歯科クリニックの院長、スタッフのつぶやきコーナーです。

時間軸に左右されるのが顎関節症。やはり資料は採っておくべき。

説明直前で来なくなる患者さんも多い。いきなり治療に入らないので、怒ったのかな~と気をもむが。そういうシステムにしてあるのでしょうがないかな?

明らかに痛みがあり、速攻で解決できるものであれば、行う。しみてる歯をほっとくわけではない。

顎関節症や、矯正や、インプラントや、全体的な治療となると、やはり説明が必要。

顎関節症は時期が来ると少し収まる。
そして・・・・
再びやって来られることも多い。

資料は3年後に役に立つ。